花の香が漂う北京を歩く旅:黄梅篇
花の香が漂う北京を歩く旅:黄梅篇

黄梅は、中国で千年以上にわたって栽培されてきました。黄梅は春先に咲き、最初に花が咲き、次に葉が生え、花色は金色です。開花時期が早いため、黄梅が咲いたら百花が咲く春になるということちなんで、中国語で「迎春花」と名付けられました。黄梅は北京で広く植えられていますが、どこの黄梅がより特別なのでしょうか。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:桜篇
花の香が漂う北京を歩く旅:桜篇

開花期間が僅か10日程度の桜の場合、春のそよ風が吹いたら、あるいは春雨が降ると、繊細な花びらが枝から落ちっていまいます。しかし、そんなにその刹那の絢爛たる美しさこそ、人々の心を奪います。桜花見と言えば、北京では玉淵潭公園、北京植物園、順義の耿丹学院のどれも美しい桜の観覧スポットですよ。それでは、一緒に桜の美しさ見てみましょう。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:チューリップ篇
花の香が漂う北京を歩く旅:チューリップ篇

チューリップはオランダの国花であり、世界的にも有名な球根の花です。チューリップは葉の色が優雅で、花も上品です。いつも人々に「勝利」と「美しさ」のシンボルと見なされています。チューリップが咲き誇っているのを見たら、本当に春になったなーという実感します。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:杏の花篇
花の香が漂う北京を歩く旅:杏の花篇

中国では、杏の花は十二花神の二月の花であり、地位が高いです。杏の花は、つぼみができているときは赤く、花びらが伸びるにつれて色が薄くなり、散るころには真っ白になります。北京で杏の花を見るなら、選択肢が多いです。天壇から長城まで、杏の花は古い建物の下で、綺麗に見えます。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:桃の花篇
花の香が漂う北京を歩く旅:桃の花篇

陽気が漂う三月となり、うららか春が訪れ、かぐわしい桃の花は先を争う勢いで、枝いっぱいに咲き乱れています。春風が吹き、天気がだんだん暖かくなり、桃の花の見頃を迎えるこの季節に、一緒に桃の花が楽しめる北京の人気スポットに足を運び、春爛漫を満喫しましょう。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:モクレン篇
花の香が漂う北京を歩く旅:モクレン篇

寒さがまだまだ残りますが、天気が日に日に暖かくなり、モクレンは咲き綻び、肌寒い三月にほのかな香りをもたらします。モクレンは満開のころ、花の香りが漂い、葉が伸びやかで、凛々と佇んでいます。古い建築物と赤い壁に合わせ、モクレンは上品で素朴な姿を見せています。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:梅の花篇
花の香が漂う北京を歩く旅:梅の花篇

中国で梅を詠んだ詩が数えられないほどあります。梅の花は肌寒い初春に百花に先立って咲き、孤高で他人に迎合しない品格を持っているとされています。その高潔な品格は、よく君子の喩えとして使われています。梅の花は厳冬に咲き誇る「希望」です。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:梨の花篇
花の香が漂う北京を歩く旅:梨の花篇

梨の花は氷のように無垢です。千年もの間、梨の花は繰り返して歴代の文人墨客に賛美されてきした。梨花の花言葉は「純真な愛」です。上品で質素な梨花は、生気あふれる春にぼんやりした美しさを加えています。水のほとりで、梨の花の木の下で、恋人たちは寄り添って幸せな時間を送っています。さて、北京ではどこの梨の花が最もきれいでしょうか。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:牡丹篇
花の香が漂う北京を歩く旅:牡丹篇

古代には「牡丹」という言葉はなく、牡丹のことを「芍薬」と呼びました。唐の武周の時代になってようやく「牡丹」という言葉が登場しました。牡丹は長安で栄え、宋の時代では洛陽、前蜀の時代では天彭で天下第一のものとなりました。牡丹が中国国民の間で根強い人気を誇っています。中国では、北には菏沢牡丹、南には洛陽牡丹があります。では、北京で最も有名な牡丹はどこにあるのでしょうか。今日は牡丹の名所3選をご紹介します。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:桐の花篇
花の香が漂う北京を歩く旅:桐の花篇

梧桐の花は春にわりと遅く咲く花であり、なんとなく淑やかな雰囲気が感じます。その「遅く咲く」というところが「痴情」に似ているかもしれません。初恋のように、暮春に咲たばかりなのに、猛暑が来たらすぐパラシュートのようにゆっくりと舞い落ちていしまいます。残されたのは柔らかい緑の葉だけです…たぶんこれはアオギリの花言葉が「初恋、優雅な心、使命、愛の使者」と言われている理由かもしれません。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:ライラック篇
花の香が漂う北京を歩く旅:ライラック篇

ライラックは文学作品の中でよく見られるテーマの一つであり、よく美しさ、高潔と哀しみを表現しています。特に若い娘をライラックの花に喩えることが多いです。例えば、詩人の戴望舒の傑作とされる「雨の横丁」を読めば、ライラックのような娘がまるで横丁の奥から我々の方に歩いてきたかのように感じます。春に紫や白の花を咲かせ、遠くから眺めると、紫の霞のように見えます。香りもよく、香水の原料ともされます。昔から中国人に愛され、伝統的な花の一種です。

詳細はこちら
花の香が漂う北京を歩く旅:海棠篇
太阳城app下载

海棠の花は美しく、花の姿が臙脂に似ていて、暁の霞のようで、雅俗の別なく共に観賞する名花で、「国艶」とも呼ばれ、「花の中の神」「花の尊」とも呼ばれ、「話が分かる花」という雅称もあります。美しい4月に海棠が咲き誇り、北京では、元大都遺迹公園、宋慶齢旧居、故宮文華殿、法源寺にも海棠の花が見られます。暮春の時、海棠が咲き、艶のある蕾が上に向いて、生気が溢れています。

K7娱乐成游戏登入

北京旅游网 2002-2021, All Rights Reserved 保留所有权利

网站地图 申博客户端下载 申博太阳城注册 盛618网址 申博太阳城现金网
菲律宾申博电子游戏 太阳城申博 申博太阳城现金网 申博管理网网址
申博游戏登入不了 申博客户端下载 百家乐真人游戏 真人百家乐
澳门金沙娱乐场 申博开户 太阳城登入 百家乐
申博娱乐手机登入 申博138 777老虎机游戏登入 申博官网