北京市文化観光局が管理?運営する非営利的なウェブサイト

北京の公園でのクルーズ船が今週からスタート

1616492158

  3月16日、玉淵潭公園の湖では、今年のボートツアーの初めての出航が行われました。16日から、玉淵潭公園の4つの埠頭が正式にオープンし、500隻以上の船が観光客を乗せて湖を巡り、春の美しさを楽しむことができるようになりました。北京日報が報じました。

 玉淵潭公園桜花桟橋のスタッフは、昨日の8時頃から忙しくしており、船室の床に消毒剤を散布し、座席、船の手すり、ハンドル、うきわなどの観光客が触れる物を消毒しました。わずか30分で、100隻以上の船の消毒と清掃を完了しました。

 玉淵潭公園の桜花桟橋のシフトリーダーである黄誠氏は、昨年と比較して、桟橋には新たに20隻のフラミンゴボートが追加され、ピンクの船体が桜と一緒に満開になると紹介しました。また、桟橋にはクマノミやイルカ、クラシックカーなど様々な形の電動ボートやペダルボートが用意されており、4人乗りボートと6人乗りボートの2種類に分かれており、1時間で100元~180元となっています。営業時間中は、お客様に安心してご乗車いただけるよう、スタッフがすべてのボートの使用条件?頻度に応じた消毒?清掃を毎日行っています。

 記者が市の公園管理センターから得た情報によりますと、今週から玉淵潭公園を含む市内の5つの公園でクルーズ船が順次オープンし、2021年の初めての出航が始まるということです。玉淵潭公園、紫竹院、頤和園、北海、桃然亭の5つの市営公園では、屋形船、手漕ぎボート、ペダルボート、電動ボートなど4つのカテゴリーを用意し、大小合わせて1,600隻以上のボートがあります。

 ボートで訪れる観光客や市民の安全を確保するため、市営公園で運航するすべてのボートは毎日消毒されています。航海開始前に集中的な消毒作業を行い、観光客の数に応じて消毒や清掃の頻度を上げ、清潔で衛生的、健康的で安全な船の運航を確保するための運用を行います。都市公園管理センターでは、中?大型フェリーボートに乗る際にもマスクの着用を呼びかけています。【韓晴(実習) 訳】

北京旅游网翻译

おすすめ

K7娱乐成游戏登入|お問い合わせ?ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved

网站地图 盛618登入 太阳城申博开户 申博太阳城现金网 太阳城亚洲注册
申博代理管理网手机登入 www.tyc88.com 澳门百家乐 申博代理开户登入
现金网百家乐 申博app下载 申博娱乐网 申博游戏登入不了
星级百家乐 澳门星际赌场 申博游戏登入不了 申博代理
申博游戏 申博游戏 盛618官网 星级百家乐